梅雨時、仕方がないと思いつつ、湿度高く、お洗濯物も乾きづらい日が続いています。

昨日の朝は、起きたら見渡す限り、一面真っ白!!

霧が立ち込めていました。

肌の乾燥はありませんが😅

じめ〜っとしていて、カビに注意ですね。

 

さてさて、日本の住宅は、どんどん気密性が増し、高断熱で熱効率も良くなっていると同時に、「換気」という面では、強制的にしなければならなくなっています。

ですから、24時間換気システムの取り付けが義務付けられています。

みなさんのお家にはついていらっしゃるでしょうか?

そして、24時間稼働させていらっしゃるでしょか?

この24時間換気、是非切らずに稼働させておいていただきたいです。

家のためにも、人のためにも。

しかしながら、時折、消してしまっている場合があります。

どうして消してしまうか・・・

理由としてよく挙げられるのが

・音がうるさい

・虫が入ってくる

などです。

 

音が大きい原因としていくつか考えられます。

1、排気口やフィルター、吸気口が
     汚れていたり詰まったりしている

  詰まってしまうことで吸気や排気がスムーズにできず、給気量や排気量が不足
    してしまいます。

   給気口自体がしっかり開いているかも確認が必要です。

  空気の流れが十分でないと、カタカタと音がなったりして騒音に感じて
 しまいます。

 

2、設定が空間の広さに見合っていない

  機種にもよりますが、調節ができる場合、広さに見合った強さで稼働させる
 ことにより、大きな音と感じにくくなる
場合があります。

3、機器が故障している

  フィルターなどの詰まりや汚れがなく、設定にも問題がない場合、ファンや、
    機械が壊れている可能性があります。 

  自分では判断がつかない場合は、メンテナンスや修理をおすすめします。

 

ずっとついているもので、切れないものから音がしていたら、気になって辛いですよね。

是非是非、定期的なチェックをしてみてください。

〜次回に続きます〜