バリアフリーが意識されたりする中で、引き戸を希望するお客様が増えています。

 

私たちが設計する際にも、できる限り引き戸を採用したいという考えのもと、間取りのプランを考えることが多くなっています。

新築のみならず、リフォーム時にも生活スタイルに合わせ、開きドアから引き戸に交換することもあります。

 

間取りにより、引き戸が可能な場合と、そうでない場合があるので、注意が必要です。

 

この場合、開きドアを開けることで、廊下が塞がってしまう状況でした。

仮に、向こうから誰かが来ていた場合に、思い切りドアを開けたら、ぶつかってしまう可能性もありました。

そこで、このドアをとり、引き戸を外側に取り付ける工事をさせていただきました。

上吊戸と言って、上側から吊っているもので、下にレールはありません。

ドアを開けても、当然廊下を塞ぎません。

今は、こういうドアが規格品であるので、交換も比較的スムーズにできます。

思いっきり閉めても、途中からゆっくりと閉まる、安全設計です。

(ソフトクローズ)

 

 

以前ブログに書いたことがありますが、玄関ドアは、気密性の観点から開き戸をお勧めしています。

特に、風が強い地域の場合は、引き戸を採用しない方がいいのではないかと思っています。

ただ、引き戸にも開けやすさ、出入りのしやすさなど、メリットももちろんありますので、これも、ケースバイケースです。

 

歳を重ねても暮らしやすい家のため、引き戸で、しかも、通常より少し開口部を広くした設計をしたり、寝室とトイレの距離を極力近くするなど、誰にでも優しく、そして長く安全に暮らせる家についても日々考えています。