前回は、

「『自分でやる!!』と決めて、中古物件を購入し、自分でリフォーム」

のお話でした。

私も、やりたーい!!

 

さてさて、今回は、まず、「ワンクッション、専門家(建築士)に相談」というものが入ってきます。

図にしてみると

こんな感じに選択肢が分かれてくると思います。

でも、ここでちょっとまった✋

 

そもそも、まず、決めなければいけないのは、中古物件を購入する際、どのようにしたいかではないかと思います。

というのも、仮に、

「全部自分でリフォームして使うんだ♪😊」

と思って、中古物件を購入しても、購入した後から

自分では実はできなかった😭

となったら、とってもショックではないかと思うのです😱

 

でも、購入時、立地や建物の雰囲気が気に入って、「とりあえず、リフォームをどうするかは、専門家に相談した後、どこまでどんなふうにリフォームするか決めればいいかなぁ。」という思いで購入した場合は、購入してからでもいいと思います😊👍

 

あと、弊社のお客様で多いケースとしてよくあるのは、購入金額とリフォーム費用の合計の予算が決まっていて、物件購入時に、リフォーム内容で見積もりを出し、予算内に収まりそうかを見極めてから購入なさるというものです。

 

中古物件の購入時の自分の中で決めることが鍵になってくるように思います。

〜次回に続く〜