昨日は、昼間とても蒸し暑かったですが、夕方からは気落ちいい風が吹き、とっても心地よい伊豆高原でした。

南北の窓を開け、風が家の中を通る心地よさ、最高です❣️

が、しかし

こういう気持ちがいい時ばかりではないんですよ〜😭

それは、網戸さえも通り抜ける小さな虫😱

雨上がりの後など、時に大発生する時があります。

そんな時、うっかり窓を開け、電気も煌々とつけていたら家中虫だらけ😭

それがとっても苦手で、窓を開け網戸にする時はかなり吟味しちゃいます。

 

網戸を張り替えるとき、いろいろ考えたんです。

ちなみに築20年の我が家の網戸は、元々シルバーの網、そして18メッシュでした。

 

まず、網戸越しにも綺麗に外が見えるように、黒い網にしました。

黒い網の方が、シルバーより、網戸越しの景色を邪魔しません。

 

そして、目の細かさ!

あまりにも細かすぎると、虫は確かに入ってきにくいのですが、今度は風の通りが少し阻害されます。

 

24メッシュ、30メッシュにすると、網の目は1ミリより小さいので、だいぶ虫の侵入を防ぐことができます。

そして、照明を少し暗くしたりするのもやっぱり効果的です。

 

伊豆高原の夏は朝晩は気温が下がってくれることが魅力かなぁと思います。

と同時に、夏は虫との共存でもあります。

ですから、自然の風を味方にできるよう、網戸がどんな状態かも大事かもしれません。

きちんと閉まるかどうか

網の目の大きさはどうか

など、今のうちにちょっと確認してみてはいかがでしょうか。