窓の動きが悪くご相談いただいたお客様

そのお宅は規格品のアルミサッシではなく、一つ一つ建具職人さんがお作りになったこだわりの木製の建具です。

意を決して開け閉めする感じで、とてもストレスをお感じになっていらっしゃったとのこと。

 

 

修繕させていただき、スムージに動くようになった建具✨

 

お客様とお話しさせていただいたのですが、

「不具合があると、家の中のその部分が嫌いになって、そこに近づかなくなる」

ということをおっしゃっていました。

なんでもそうですよね。

 

見て見ぬ振りしたいし、臭いものに蓋したい

 

でも、建物は、一部分、そうしてしまうことにより、そこから家全体に不具合が広がってしまいます。

 

確かに、窓が開けづらければ、その窓を開けたくなくなります😭

頑張って開けたら、今度はまた頑張って閉めなければならないのですから😱

私も絶対そうなります。

 

しかしながら、その部分を使わない、使えないわけですから、有効に使えなくなって勿体無い気がします😢

 

 

 

日々お仕事させていただいておりますので、よくわかります。

建物って、維持管理に本当にお金がかかります。

でも、せっかくある建物を愛し、長く維持していけるのもまた、住まわれてる方々にしかできないこと。

 

 

今回、木製サッシを修繕なさったお客様は、ストレスなく窓を開け、空気がその部屋を通り、普通にそのお部屋をお使いになれること、とても喜んでいらっしゃいました。

私たちも、そういうお話を聞かせていただけると、本当に幸せです。

ありがとうございました。